ザ・ビューティフル・牛

この国の人たちは牛を食べない。


文頭なのでつい言い切ってしまったが、食べないというと語弊がある。もちろん食べる人もいる。食べない人が多数派というだけだ。


そして食べない理由は様々だ。十人十色で宗教も違えば、スタンスも違うから、皆さんもご存知の通り◯◯人はこういう理由で◯◯を食べない、ということは言い切れない。

そういう偏見が大きなうねりとなって無駄な争いが生まれる所を見てきたので、誰々がどう等と決めつけるつもりは一切ないことをまずはじめに断っておきたい。


だがしかし人間というのは一般化したがる生き物である。上記の通り、決めつけや偏見をしないという平和的前提に立った上で、多数派の理由はなんなのか?ということが気になってくる。


いろんな人に聞いていくと、ひとつの理由として、「宗教的にはオッケーだけど牛は家族だから食べないよ」説が流れてきた。


この国の農村地域では、牛は労働力の一員を担っており、もはや家族と同義だ。一緒に仕事をしてきた仲間を俺たちは殺せないぜ!ベイビー!


というのがこの説の中身である。


そこで、現地の知り合いに聞いてみた。


家族だから食べないんだろ?


すると彼は首を横に振った。


違うよ、牛は大事な労働力だから、食べたら働き手が減っちゃうからだよ。


おわかりいただけただろうか。

知り合いの出した説は言わば「牛は労働力だから食べないよ」説である。

この2つの説は、非常によく似ているが、性質が全然違う。


前者の「牛は家族だよ」説も、後者の「牛は労働力だよ」説も、どちらもスタート地点は同じだ。農村地域で牛を労働力として使っているという事実を根拠にしている。


だが、そこから進む理論の道すじは全く違う。


「家族だよ」説の方は、そこから生まれる牛との暖かい信頼関係に重きを置いている。だが一方で「労働力だよ」説の方は冷酷でデジタルの世界だ。今日のご飯のために、牛という長期労働力を1頭分失うのが割に合わないというか、現実的でないということだ。


人は、ひとつの事実から複数の考えうる理由を見出した時、どの理由が1番しっくりくるかを検討するが、その検討時に考慮する材料として、「話の綺麗さ」が意外と重要なファクターになってるのではないかと思う。


牛を食べない理由がどうやら農村社会で牛を労働力として扱ってきたという事実と関係しているらしい

考えうる理由は以下かな?

1.家族だから

2.働き手が減ったら困るから

3.働いてる牛は美味しくないから

4.むしろ牛が人間を食べてる


こんな感じで色々理由考えてみたときに、

家族だから説がさ、一番綺麗じゃない?

事実かどうかはわからないよ、人の心の中は覗けないから。

でも、家族だから食べないってことにしたら綺麗じゃん。人と牛の信頼関係見えるじゃん。NHKで特番作れそうじゃん。

クイズミリオネアでこの4択出てきたら、1を選ぶじゃん。むしろそのほかが正解だった場合は出題者の人格問われるじゃん。


みたいな感じで、事実かどうかは別として、「答えになりやすい答え」ってあるよね。


時々クイズ番組とかでタレントが

「え〜もう事実はどうあれ、正解が1であってほしいです」とか言ってるシーンみたことあるよね。

もうそれってクイズとして参加してないから!って突っ込みたくなるけど、まさしくそんな感じで、人はやっぱり綺麗な答えであってほしいと思うんだよね。きっと。


その方が人にも話したくなるよね。

「俺が今住んでる国の人たち、たいてい牛食べないんだ。理由は家族だと思ってるからだよ」って友達に話したらなんだかあったかい気持ちになれるけど


「たいてい牛食べないんだ。理由は労働力の温存」

っていったらさ、なんか冷たい奴らみたいじゃん。パソコン叩きながら労働力をパラメータ管理してるインテリ集団みたいな画が浮かぶじゃん。浮かばせたいイメージとだいぶ乖離してるじゃん。


だからさ、事実はどうあれ、「バズりやすい答え」と「バズりにくい答え」だったら

今の世の中「バズりやすい答え」が答えになっちゃうよね。


でもそんなバズりまくりの答えから離れたところで、事実はもっと0と1の世界かもしれないから、物事は深く分析しなきゃいけないと思うわけですよ。


そんじゃあの。




ハイレベルな資料

あくまで自分が経験してきた周辺環境で判断してるため、こんな言い方は適切でないかもしれないが


日本と英語圏とで、ハイレベルの使い方が違うなぁと思った話。


上司が

「ちょっとハイレベルな資料作ってみて」

っていった場合


日本語の感覚だと、クオリティの高い資料-つまり上司の考える必要事項を全て満たしていて、技術的にも申し分のない資料を作れといってるように聞こえる。


ちょっとやってみてじゃねえよ。といったところだ。


しかし今の職場でいうハイレベル資料とは、


深層部分まで掘り進めず、全体を俯瞰で見渡して、最重要な要素だけを表記した資料のことを指している。


クオリティではなく、階層の高い資料だ。


こういう所で英語と日本語の差が出るのは面白いなぁと思った。


というだけの話。


じゃあの。

プレゼントの渡し方

スマートさは「慣れ」だと思う。

 

昔仕事でお世話になった女性と食事に行って、

その帰り道、食事のお礼としてプレゼントを頂いたのだが、

プレゼントの仕方が非常にスマートだったので今後参考にしたい。

 

帰り道、駅の中に入っている某化粧品メーカーの店を前に

「ちょっと寄ってもいいですか?」と了承を得て

「私ここのハンドクリーム使ってるんです。とっても良いんですよ」

「あなたはハンドクリーム使ってますか?」と言った質問をさりげなくしつつ

ハンドクリームの試用をする。そして、僕にも試用させる。

いくつかの選択肢の中で迷い、「あなただったらどっちを使いますか?」と

自分が購入するときの参考にするように僕に選択させ

「わかりました。これ買います。お会計してきますね」と会計に移り

会計完了したものを「これ、プレゼントです」と渡された。

 

やられた。

 

最後まで自分用と見せかけ購入し、それをプレゼントする作戦だ。

しかも、それとわからぬようにこちらの意向を確認しているところがプロ。

ハンドクリームというチョイスも何だか丁度良い。

 

これがプレゼントだと分かっていたら、人によっては断ったり、自分が払うと言ったり、値段の安いものが良いと言うかもしれない。当人が購入しようとしていると思っていたため、本当に自分だったら何を使うかを考えてしまった。

 

きっとプレゼントをすることに慣れているんだろう。

とってもスマートで、素直に嬉しく受け取った。

 

 

さて、こちらの国で、僕のことを好きな女の子がいる。

彼女は今まで男性と付き合ったことがなく、

好きな人の前でどう接して良いのかわからない。

人のこと言えるほどではないが、それにしても恋愛経験値が低い。

 

好きな気持ちの表れから、色々なものを買ってはプレゼントしてくれる。

最初は喜んだが、その頻度と量にだんだん喜べなくなっていった。

 

そんなに多くないお小遣いの中でやりくりしているはずで、

お財布事情的にも申し訳ないし、プレゼントが日に日に重たいと感じてきたので

何か買おうとしているという情報を事前に入手したときは全力でやめさせるのだが、

大抵既に購入済みの場合が多い。

 

そして、彼女はプレゼントの渡し方もスマートではない。

好きな男性に直接プレゼントをすることが恥ずかしくてできないので、

彼女は友人を使う。

 

彼女の友人は「ミステリーデリバリーサービス」と言い、

僕に彼女のプレゼントを渡してくる。

ただでさえ量と頻度に重さを感じていた僕は、このミステリーデリバリーサービスを怖いと感じるようになって言った。直接気持ちを伝えられることなく、こちらもありがとうも言えず、商品ばかり届けられてくるので、次第にその想いの重さに僕は耐えられなくなった。

 

そして、彼女から「好きだ」と告白された時に爆発して言ってしまったのだ。

「僕は好きとか嫌いとかそういう以前の状態だ。僕は君のことをよく知らない。プレゼントを渡す時でさえ直接ではなく友人経由じゃないか。どんな声でどんな話をするのか、直接会って話したことがほとんどないから君のことがわからないんだ。」

 

彼女は考えを改め、次の機会には直接僕にプレゼントを渡しにきた。

少し緊張して、震えた声で言った。

 

「今回はミステリーデリバリーサービスじゃなくて、私から直接持ってきたんだからね!」

 

彼女の自分の姿勢を改めようとする姿が、少し、可愛いなと思った。

 

スマートさは「慣れ」だと思う。

 

でも、スマートでなくても、気持ちの伝わるプレゼントは嬉しい。

10月15日

私はいつ、どこで感受性を落としてきたのか。


いま、桜木町にいる。


聞いた話だが、人は捜し物をするとき、だいたい桜木町にやってくる。


特に、「こんなとこにいるはずもないのに」とか言いながら見つからないものを探しにくるケースが多い。


僕も自分が落とした感受性を探しているうちに、あるはずもないことはわかっているのに気づけば桜木町にやってきたのだろう。


はじめて人に告白するが、私は物を落としやすい。


理由は整理ができていないからだ。


たくさんのものをとりあえず両手にできる限り持ったまま外に出かけて、掴んでいたもののうち1つをいつの間にか落としてしまうことがよくあった。


高校のとき、バンド活動をするために練習場所を探した。スタジオのチラシを持ち帰ろうと手に持って歩いていたが、スタジオから駅までの道中でふと気がついたらもうチラシを持っていなかった。


徒歩5分以内の間である。

振り返り道を戻ると、チラシは道に落ちていた。


僕は自分の手のひらの感覚がいかに信用ならないかについて大層驚き、嘆き、落胆した。


もちろん、落とされたチラシの身になって考えると、驚き、嘆き落胆したいのはチラシの方である。


突然手のひらから滑り落ち、駅の高架下で人に踏まれまくっていたチラシの痛みが聞こえてきそうなものだが、私にとってはそんなチラシの痛みより、これから一生付き合って行く自分の手の無力さの方が重大な問題だったのだ。


財布や鍵、航空券など、重要なものをよく失くした。すぐに見つかる場合もあれば、全く出てこないこともあった。


付き合っていた彼女から貰ったものを落とした時は最低である。それがお揃いのものだったり、相手の家の合鍵だったりとかするともう記憶から消したくなる。というか消した。詳しく覚えていない。


子供ならまだしも、30手前になってもまだ落し物をするのだから、これは明確な欠点なのだろう。


ただ、自分の欠点を治せないとしても、対処していかなければいけないのが大人なのだ。


たくさんのものをいっぺんに持たないようにする、1つ1つのものがなくなっていないか頻繁に確認する、場所を決めて整理する、などをし、僕はこの欠点と付き合っている。


さて、私は文書を書くのが好きで、幼い頃から書いたものを褒められることが多かった。年相応のレベルよりはうまく書くことが出来たのだ。中学生の頃は自意識を爆発させ、ろくにクラスの女の子と直接お話することが出来なかったが、ひとたびアドレスを交換すればメールが面白いと言われ、mixiが出来た頃には日記上で小説まがいのものを書き、友達に見せては、一部からmixiで何やってんの?と言われつつも一部から好評価をもらうことを楽しみとしていた。その後もいくつかブログを開設し、面白いことを書くことを目指した。


物を書くことが自分のアイデンティティの1つであることは間違いない。


ただ、突き詰めて小説を書いたり、物を書こうと思った時に、圧倒的に自分に不足しているものに嫌でも気づかされる。


感受性だ。


私は感受性をどこかに落とした。


きっとたくさんのものを持って生まれてきたはずなのに、


手のひらからこぼれ落ちたのだ。


それも、おそらくかなり早い段階で落としている。物心がついた時にはもう僕の手に感受性は無かった。これはもう警察にも届出できまい。


いつ頃落としたんですか?わかりません。

どの辺で落としたかわかりますか?わかりません。


こんな稚拙な問答が許されるのは私が迷子の子猫ちゃんである場合のみである。お巡りさんもイヌ限定だ。


あるいは、私は知らぬ間に悪魔に感受性を売り渡したのだろうか?


かのロバートジョンソンは十字路で悪魔に魂を売り渡し、引き換えにギターの超絶スキルを身につけたという話を聞いて、自分も感受性を売ったのではないかと頭を巡らせたが、そんなわけはないし感受性と引き換えに何も貰っていない。


高校2年生の時に、私は大きな衝撃を受けた。


同じクラスになった女の子のなかに、感受性のバケモノがいたのだ。

あれはもう歩く感受性、感受性モンスター、センシティブ爆弾、THEもののあはれ、色々並べてみたものの、その感受性の豊かさはどんな表現でも不足する、そんな女性だった。


文書を書かせたら、そのあまりにも瑞々しく活き活きした表現に、書かれた文字が意思を持って喜んでいるのではないかと感じるほど。


最初に彼女の文書を見たのは確かmixiだった。

夜の空を見て、風や月の様子から、季節が変わり目を感じたり、音楽を聴いて昔の記憶がよみがえったりする話を、表現豊かに描写していた。


戦慄が走ったのだ。

空を見上げて何かを感じたことがあっただろうか。

季節の変わり目に物思いにふけったことがあったか?

過去の記憶を大切にしているだろうか?


周りの社会や物事から、ここまで何かを受け取ることが出来たら、どんなに毎日が豊かになるだろうか。


その才能に嫉妬し、尊敬した。

この人のように人の心を動かす文書が書きたいと本気で思ったのだ。


私たちはその後高校を卒業して違う道を歩むが、こんなに素敵な友人を無くすわけにはいかないと、その後もときどき連絡をとり、食事に出かけたりして、幸運にも彼女の人生のさまざまな「転機」のタイミングで、話を聞けることが多かった。


記憶に残っているのは、決断についての考え方だ。彼女は何度か職場を変えており、自分の人生をかけてどんなことをしていくかについて真剣に悩んでいた。


もはやこの時点で、大した考えもなしに流されて生きている私からすると大尊敬なのだが、


最近決まった仕事が、過去からのバイト、仕事などを含めた彼女の様々な経験から少しずつエッセンスを抽出してまとめたような仕事で、


今後に繋がるかどうかなどわかりもせずに歩んできた暗く長い道の先に、確実に未来につながる光を見つけ、その縁に感謝していると言っていた。


その人にしか話せない人生の話は、誰の話であっても価値があるが、彼女の視点から紡ぎ出されたその話はとてつもなく素敵な話だった。


そんな彼女がついに今日結婚をする。

感受性、結婚するってよ。

嬉しいことに二次会に呼ばれたので、弾丸で日本に帰っています。


じゃあの。

もって2週間でしょう

足の親指が腫れた。


理由は、サイズの小さい靴を履いて運動したからだ。


靴を脱いでからは痛みはなくなったし、

しばらくして腫れも引いた。


しかし、腫れが引いた結果、とんでもないことが起こった。


腫れていた指に合わせて爪が浮き上がり、パカパカ状態になってしまったのだ。


ツメがパカパカ状態というとものすごくいたそうなイメージだが、全くの無痛だから安心してほしい。僕とツメとの関係性は円満だ。


しかしいつまでもパカパカ状態では困る。


衛生的にも安心できない国に住んでいるため、そこから変にばい菌が入ってもやばい。


日本に帰国した僕は、その足で病院に向かった。


「先生、足の爪がパカパカなんですけど、これどうしたら、、」


「うーん、まぁ、しばらくしたら取れますね、これは」


「えっ!またくっついたりしないんですか?」


「いっかいはがれたらくっつきませんね。まぁ、もって2週間でしょう」


「もって2週間!余命宣告みたい!」


「自然に取れるのを待てば細胞も傷つかないので新しく生えてきます。とはいえ途上国で不安でしょうから、もし傷ついちゃった場合は軟膏を塗ってくださいね」


「ありがとうございます」



そして、それから約1ヶ月がたち、ついに僕はツメとお別れしました。


もって2週間って言われてた割には長いこと頑張ったなと思います。


なにこの報告。そしてなにこのコメント。


やめさせてもらうわ。






ノス

街を歩いていると、観光客だと思われるのかバイクタクシーに乗らないか?と話しかけられる。


だいたい無視するのだが、ときどきこちらの進行方向にしっかり入ってきて話しかけてくるやつがいるので、軽い会話をして断ったりもする。


そう、今日も口ひげをたくわえた男が、にこやかに話しかけてきたんだ。


「オイ!どこから来たんだ?」


「日本」


「ヨロシクオネガイシマス」


「日本語上手だね」


「君が行こうとしてるとこは4kmも離れてるじゃないか。俺はバイクタクシーをやってるから乗って行きなよ」


「はいはい、また勧誘ね。大丈夫大丈夫。歩いて行くから。」


「おい待てよ!明日の朝!!」


「明日の朝?何のことだ?じゃあな」


「明日の朝〜!!」


全く変なやつだった。なんだ、明日の朝って。

今日も乗らないし明日の朝も乗らないよ。バイクタクシーになんか。


歩みを進めて行くうちに、違和感がだんだん大きくなってくる。


待てよ


俺は自分の目的地を伝えていないのに...



なぜ、「4km」も離れているとあいつは言ったんだ...?



おかしいじゃないか。あまりにも具体的すぎないか?


まさか、、あいつは、、能力者なのか、、、?



人の心を読んだのか...もしくは未来が見えるのか?


預言者...!?



ノストラダムス...?!!


ノストラダムスの生まれ変わり...!!?


思えば、似てたかもしれない。ノストラダムスに。すげー似てた。俺の記憶の中のノストラダムスに。


待て待て、預言者ノストラダムスの生まれ変わりとすると、、



もっと気になることがある、、!!



「明日の朝」というフレーズだ!!


明日の朝?



明日の朝に何があるっていうんだ!!



明日の朝は普通に出勤だ。

しかし、出勤前に軽く運動をしてあの周辺をランニングしようかとも思っていたところだよな...


まさか...俺がランニングする未来を預言したのか...!!



恐ろしい!



恐ろしすぎるぞノストラダムスの生まれ変わり!!!










その地点から僕の目的地まで1.1kmでした。

前から思っていたんですが、

日本語の「夢」の意味と英語の"dream"の意味がほとんど同じってすごくないですか?

睡眠時間に見る夢と、思い描く理想の夢って全然ニュアンスが異なるものじゃないですか?

その2つが、違う文化圏で同じ単語で表現されるに至ったなんて奇跡的。

経緯に連関性があるのでしょうか?

他の国がどうなってるのかも気になる。

今日はそれだけ。