プレゼントの渡し方

スマートさは「慣れ」だと思う。

 

昔仕事でお世話になった女性と食事に行って、

その帰り道、食事のお礼としてプレゼントを頂いたのだが、

プレゼントの仕方が非常にスマートだったので今後参考にしたい。

 

帰り道、駅の中に入っている某化粧品メーカーの店を前に

「ちょっと寄ってもいいですか?」と了承を得て

「私ここのハンドクリーム使ってるんです。とっても良いんですよ」

「あなたはハンドクリーム使ってますか?」と言った質問をさりげなくしつつ

ハンドクリームの試用をする。そして、僕にも試用させる。

いくつかの選択肢の中で迷い、「あなただったらどっちを使いますか?」と

自分が購入するときの参考にするように僕に選択させ

「わかりました。これ買います。お会計してきますね」と会計に移り

会計完了したものを「これ、プレゼントです」と渡された。

 

やられた。

 

最後まで自分用と見せかけ購入し、それをプレゼントする作戦だ。

しかも、それとわからぬようにこちらの意向を確認しているところがプロ。

ハンドクリームというチョイスも何だか丁度良い。

 

これがプレゼントだと分かっていたら、人によっては断ったり、自分が払うと言ったり、値段の安いものが良いと言うかもしれない。当人が購入しようとしていると思っていたため、本当に自分だったら何を使うかを考えてしまった。

 

きっとプレゼントをすることに慣れているんだろう。

とってもスマートで、素直に嬉しく受け取った。

 

 

さて、こちらの国で、僕のことを好きな女の子がいる。

彼女は今まで男性と付き合ったことがなく、

好きな人の前でどう接して良いのかわからない。

人のこと言えるほどではないが、それにしても恋愛経験値が低い。

 

好きな気持ちの表れから、色々なものを買ってはプレゼントしてくれる。

最初は喜んだが、その頻度と量にだんだん喜べなくなっていった。

 

そんなに多くないお小遣いの中でやりくりしているはずで、

お財布事情的にも申し訳ないし、プレゼントが日に日に重たいと感じてきたので

何か買おうとしているという情報を事前に入手したときは全力でやめさせるのだが、

大抵既に購入済みの場合が多い。

 

そして、彼女はプレゼントの渡し方もスマートではない。

好きな男性に直接プレゼントをすることが恥ずかしくてできないので、

彼女は友人を使う。

 

彼女の友人は「ミステリーデリバリーサービス」と言い、

僕に彼女のプレゼントを渡してくる。

ただでさえ量と頻度に重さを感じていた僕は、このミステリーデリバリーサービスを怖いと感じるようになって言った。直接気持ちを伝えられることなく、こちらもありがとうも言えず、商品ばかり届けられてくるので、次第にその想いの重さに僕は耐えられなくなった。

 

そして、彼女から「好きだ」と告白された時に爆発して言ってしまったのだ。

「僕は好きとか嫌いとかそういう以前の状態だ。僕は君のことをよく知らない。プレゼントを渡す時でさえ直接ではなく友人経由じゃないか。どんな声でどんな話をするのか、直接会って話したことがほとんどないから君のことがわからないんだ。」

 

彼女は考えを改め、次の機会には直接僕にプレゼントを渡しにきた。

少し緊張して、震えた声で言った。

 

「今回はミステリーデリバリーサービスじゃなくて、私から直接持ってきたんだからね!」

 

彼女の自分の姿勢を改めようとする姿が、少し、可愛いなと思った。

 

スマートさは「慣れ」だと思う。

 

でも、スマートでなくても、気持ちの伝わるプレゼントは嬉しい。