クイズミリオネアはミリオネアじゃない件について

日本の数字の数え方では、カンマの位置と数字の繰り上がる単位が対応していないので不便だ。


10,000,000くらいまではさっと数えられるが、もう少し桁数が増えるとむしろカンマを邪魔に感じる。100,000,000,000とかになるともうゼロを地道に数えるしかない。(数学が得意な人は効率の良い数え方を知っているのかもしれないが)


その点、英語圏は当然のようにカンマと対応しているので数え方が楽だ。


こちらでは、英語訳する必要のない日本人同士での会話でも、5,000,0000,000のことを「ごびりおん」と発音してたりする。それくらい、カンマを基準にして数えやすい。


ただ、僕が働いているところはちょっと特殊で、インド式の数え方も流通しているのが若干厄介だ。


1lakh=100,000なのである。

インド式にカンマを置くと1,00,000

慣れるまではなかなか変換が難しい。


さて、ミリオンという単位を使えるようになって、むかーし流行ったクイズミリオネアという番組を思い出した。


イギリスでやってたクイズ番組を日本に輸入して、みのもんたさんが司会をして当時なかなか流行った番組である。


さて、ミリオネアというと、1,000,000つまり

百万長者ということになるので、

この桁数を重視するのであれば

日本でも1,000,000円が最高賞金であるべきだ。

ただし、元番組であるイギリスの1,000,000ポンドは、日本円に換算すると現在の為替で1億を超える。

そのため、元番組と同じインパクトにするのであれば、最高賞金額は1億円でもいいかもしれない。


だが、実際のクイズミリオネアの賞金総額は10,000,000円だ。

表記上ぴったりミリオンではなく、かといって元番組と比較するとしょぼく感じてしまうという、なんとも中途半端な値付けじゃないだろうか。


どなたかこの賞金額設定になった理由がわかる人がいたら教えていただきたい。


あとクイズ番組でいうと、伊東四朗さんが一瞬だけやってた「ウィーケストリンク」が好きでした。蛇足も蛇足ですね。


現場からは以上です。